人気の整体師は資格を取得しておくと就職に有利となる

メンズ

治療技術を社会に役立てる

女の人

ワールドワイドに活躍

クリニカルコース・応用など、整体師のニーズに合わせた卒業教育が専門学校で展開されています。整体師の資格はカイロプラクターと名を変え、高卒後の進路先に専門学校が選ばれています。西洋・東洋医学両面にわたって学究を深め、カイロの理論を進化させた療法など、独自テクニックも導入されています。解剖実習を取り入れるにも、発祥地の海外研修や留学も可能です。独立のためのインターン制度、貴重な社会福祉課外授業や活動など、しっかりとした技術を身に付けるにも整体専門の医学院やアカデミーなどに入校するのも得策です。海外の提携先で整体師となるための臨床実習を行うことで、国際免許の受験資格も得られます。世界で東洋医学の鍼灸マッサージ院を開業し、日本で整体院を開業するなども自ずと可能になります。

一生モノになる技

眼精疲労から肩の痛みなど、整体師が得意とするのがカイロプラクティックとよばれる技術です。一時的なしのぎと違い、整体師の手技となるアジャストメントでは、例えば、肩こりそのものになりにくくなります。整体師として資格を持つ目的には、高齢社会での貢献度も挙げられています。寝たきりとなる高齢者をサポートし、定年後も生き生きと活動できるように手技が求められています。痛みを考えるのみならず、体全体のバランスと動きを重視するなど、期待度は高い傾向です。治療院や各地のフィットネスクラブなど、就職や独立開業もできる資格で、需要増から一生涯で役立つ資格として求められています。現在、医療系となる医師にも生涯学習が求められ、認定を受けることで、学術や国際面でも一人前の整体術師として認められます。こうした目的からも専門学校などで学ぶ学生、社会人が増えています。

リハビリに関わる職業

男性

事故で手足を失った人や障害者の義肢や補助装具を作るのが義肢装具士の仕事です。医療の仕事のなかでも工業的な技術が求められる特殊な仕事でやりがいが大きいことから、多くの人に人気となっています。男性よりも些細なことでも気配りができる女性の義肢装具士が求められています。

安定の道を目指そう

勉強道具

専門学校への進学の中でも、医療系は国の定めた指定事項が多い分野です。高校卒業で目指せるので、4大への進学が難しくても安定した資格を取得できます。専門学校を選ぶ際に重要なことは学校選びです。地域や学費、分野や社会人が通いやすいかなど自分にあった専門学校を探しましょう。

女性に人気です

女性

医療系の資格のなかでも、医療事務は常にトップにあります。その理由は、景気に左右されることなく家事や育児を両立しやすいため女性から支持を得ています。スクールでも学ぶことはできますが、忙しい人は通信講座を利用してみると良いでしょう。